PRECO GROUP

グループ企業情報

プレコグループ

社名の由来

1994年、株式会社PRECO FOODSへの社名変更を行いました。

将来「社長達の協同体」を作りたい、との理想から、
PRESIDENTS と COOPERATION、2つのワードの頭を取って発想した造語“PRECO”。
そして、鶏肉のみならず、食品全般を扱う会社であることを表す“FOODS”。
この想いから、社名である“PRECO FOODS”が生まれました。

「プレコフーズ」という太い幹から枝葉が伸びて成長していくように、共に働き、共に頑張ってきた仲間が、社長となりグループ企業として事業を成長させていく。
そしていつか“社長会”を結成し、互いの成長を讃え、更なる発展を遂げていく。
人を育て、会社を育て、グループ全体が育つ。そんな大樹のような企業集団となることを目指しています。

グループ事業紹介

食肉・冷食加工品事業 株式会社プレコエムユニット

国内外から厳選した食肉を中心に、自社ブランド肉、手軽にメニューを一品増やせる冷食加工品など、6,000種類以上の豊富な品揃え。

鮮魚・水産品事業 株式会社 プレコエフユニット

築地市場を拠点に、目利きが厳選した旬の鮮魚・水産品を毎日お届け。オーダーカットもお任せください。

野菜・果物事業 株式会社 プレコヴィユニット

日本一の青果取引量の東京・大田市場で直接買付けを行い、鮮度の良い野菜・果物を毎日お届け。産直品も豊富に取り揃えています。

サニタリー事業 株式会社 プレコサニオ

害虫駆除をはじめ、店内清掃、ユニフォームのクリーニングや販売など、食に携わるすべてのお客様のクレンリネス(清潔維持)に特化した総合衛生サービス。

飲食店ビジネスサポート事業 株式会社プレコダイニングラボ

飲食店ビジネスサポート事業の構築を準備。そのために必要となるノウハウを蓄積するために、
研究開発とマーケティング活動に取り組んでいます。

食の元気を創造する企業集団

プレコグループは、食の元気を創造する企業集団です
『安全』『品質』『鮮度』を追求した生鮮三品から、衛生サービスまで
グループ一丸となって、食の楽しみと笑顔をお届けいたします

グループ概要

組織図

組織図

株式会社プレコフーズ 会社概要

社名
株式会社プレコフーズ PRECO FOODS CORPORATION
所在地
〒140-0013 東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館4階
創業
1955年(昭和30年)6月
資本金
8,000万円
役員
代表取締役社長髙波 幸夫
常務取締役須田 雄二
取締役南里 幸央
取締役益子 宜博
取締役若林 直樹
取締役岡本 哲也
取締役佐藤 修一
取締役横山 隆行
取締役髙波 シズ子
取締役髙波 有紀
監査役清水 泰男
従業員数
94名
事業内容
・プレコグループの統括企業として、系列社の経営戦略の策定・推進、監査、管理など。
・食に携わる様々な業態での事業・商品・サービスの企画、開発、実施、運営など。    

※表記のデータは2017年4月のものです

グループ企業情報

  • 〒140-0013
    東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館4階

    食に携わる様々な業域で展開する各事業会社の運営を統括し、さらなる新規事業の推進を行う旗艦企業。日々高まる「食への関心」に的確にお応えすることを、同社、ならびに各事業会社のミッションと捉え、“食の楽しみと笑顔の創造企業”として明日の豊かな食文化に貢献してまいります。

  • 〒140-0013
    東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館4階

    国内外から厳選した食肉や手軽に使える冷食加工品など、商品の品揃えは6,000種類以上。日本最高クラスの衛生管理のもと、どこよりも高い『安全』『品質』『鮮度』でお届けします。小ロットのご注文や特殊加工のご要望も承っております。

    さらに詳しく知る

  • 〒104-0045
    東京都中央区築地5丁目2番1号

    築地市場仲卸「嘉徳」を傘下とし、鮮魚・水産品を専門に取り扱う企業として2014年に設立。
    築地市場の鮮魚・水産品を目利きが厳選し、ご注文当日にお届けします。魚のオーダーカットなどのご要望にも、きめ細やかなサービスでお応えします。

    さらに詳しく知る

  • 〒143-0001
    東京都大田区東海3丁目2番13号

    2011年に大田市場内でベジタブル事業部が稼働を開始。
    2016年には大田市場仲卸「結文青果株式会社」を傘下とし、野菜・果物を専門に取り扱う企業として独立法人化。
    旬の野菜・果物を東京・大田市場で直接買付け。産直品も取り揃え、徹底した鮮度管理のもと、当日配送します。

    さらに詳しく知る

  • 〒141-0031
    東京都品川区西五反田7丁目24番4号 K.U.ビル4階

    飲食店の印象を左右するクレンリネス(清潔維持)に特化した総合衛生サービスをご提供しています。害虫駆除をはじめ、店内・厨房清掃、ユニフォーム・クロスのクリーニングや販売など、食に携わるすべてのお客様の衛生に関する様々なご要望にお応えします。

    さらに詳しく知る

  • 〒140-0013
    東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館4階

    飲食店ビジネスサポート事業の構築を準備。そのために必要となるノウハウを蓄積するために、研究開発とマーケティング活動に取り組んでいます。

    さらに詳しく知る

沿革

1955年(昭和30年) 6月 東京都品川区大井に鳥利商店を創業
1966年(昭和41年) 2月 東京都品川区戸越銀座商店街に移転
1977年(昭和52年) 4月 有限会社鳥利商店を設立
1994年(平成6年) 11月 株式会社プレコフーズへ組織変更し、
代表取締役社長に髙波幸夫就任(現職)
2000年(平成12年) 10月 東京都品川区戸越に第二工場建設
2002年(平成14年) 11月 東京都大田区北千束に本社センター(現東京中央センター)開設
12月 東京都中小企業経営革新支援法の承認企業となる
2004年(平成16年) 3月 1万ドル募金活動開始
7月 サニタリー事業部発足
9月 ISO9001認証取得
東京都江東区亀戸に東東京センター開設
2005年(平成17年) 1月 資本金5,000万円に増資
2007年(平成19年) 3月 東京都世田谷区北烏山に西東京センター開設
4月 ISO9001-HACCP認証取得
2009年(平成21年) 9月 東京都大田区千鳥に南東京センター開設
2011年(平成23年) 7月 ベジタブル事業部発足
2012年(平成24年) 4月 株式会社プレコホールディングスを稼働
東京都品川区「大森ベルポート」に本社機能を移転
本社センターを東京中央センターに名称変更
10月 東京都板橋区東山町に北東京センターを開設
2013年(平成25年) 11月 「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2013 ジャパン」
セミファイナリストに選出される
2014年(平成26年) 4月 株式会社プレコサニオ、株式会社プレコエフユニット、
株式会社プレコダイニングラボの3社が独立法人化
10月 東京都目黒区に、飲食店及び一般消費者向けメニュー開発を行う
「テストキッチン」を開設
11月 「The First Company 2015」に選出・掲載される
2015年(平成27年) 2月 外食アワード2014(中間流通・外食支援部門)受賞
4月 世界の援助を必要としている子ども達への支援活動を拡充し、
「1万ドル募金活動」を「3万ドル募金活動」に拡充
2016年(平成28年) 7月 ベジタブル事業部が株式会社プレコヴィユニットとして独立法人化
2017年(平成29年) 4月 食肉・冷凍加工品他を取り扱う事業部門を分割し、
株式会社プレコエムユニットとして独立法人化。

プレコグループ 売上高推移

売上高推移

CSR

社会貢献活動

援助を必要としている世界の子ども達への
支援を拡充

プレコグループでは、より良い社会を築くために企業に求められる社会的責任を
果たすことを目的に、平成15年度より特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・
ジャパンを通じて「チャイルドスポンサーシップ」に参加、加えて「1万ドル募金活動」
もスタートし、援助を必要としている世界各国の子ども達への支援を行っています。
近年では、こうした社会貢献活動に対する社員の関心が益々高まり、平成26年度からは
「募金活動」の支援金額を毎年3万ドルに増やし、活動を拡充しています。

  • 社会貢献活動01
  • 社会貢献活動02
  • 社会貢献活動03
  • 社会貢献活動04
  • 社会貢献活動01
  • 社会貢献活動02
  • 社会貢献活動03
  • 社会貢献活動04

チャイルドスポンサーシップ

開発途上国の支援が必要な子ども達に対し、スポンサーとして支援を行う制度です。 継続的に寄付していく事で、その子ども達やその子の家族への援助、また地域全体の開発、教育者育成など、子どもと地域の自立に必要な様々な援助プログラムが実施されます。
チャイルドスポンサーシップ

3万ドル募金活動

ワールド・ビジョン・ジャパンが現在取り組んでいる「海外支援プロジェクト」を通じ、プレコグループが援助を必要としている世界の子ども達のために、年間3万ドルを寄付する活動です。
  • 平成27年度

    モンゴル 障がいを持つ子どものためのデイケア・センター設立支援

    モンゴルのチンゲルテイ区は首都ウランバートルから約15km北部に離れた地域です。チンゲルテイ区の中でも最も貧しい地域には約144人もの障がい児がおり、学校に通うこともできず教育を受けられない状況が続いています。
    そこで、障がい児達が楽しく過ごせる場所として、区内2ヶ所にデイケア・センターを設立する計画があり、その事業を支援しています。

  • 平成26年度

    ベトナム フアンガイ少数民族小学校への支援

    フアンガイ小学校のある地域は、ラオスとの国境に接する山岳地域で、多数の少数民族が居住する貧困地域です。現在フアンガイ小学校に通う162人は、家が学校から非常に離れていることから、学校に泊まり込みで、朝食・昼食・夕食を校内で取らざるを得ません。そこで、子ども達が快適に食事をとれるように、調理室と食堂を建設しました。

    フアンガイ少数民族小学校への支援
    調理室と食堂

    フアンガイ少数民族小学校への支援
    食事をとる子ども達

  • 平成25年度

    ネパール連邦民主共和国 地域保健センター整備

    支援事業地のセティ県ドティ郡は、ネパールの極西部に位置した、海抜600m~4000m の険しい丘陵地帯です。ここに位置するアイレ村には地域保健センターの建物がなく、月1回病院から派遣される医療従事者が部屋を借りて、5歳未満の子ども達の健康診断や妊産婦のカウンセリング等を行っていました。今回の支援事業で、2部屋から成る新しい地域保健センターを建設しました。

    完成した地域保健センター
    完成した地域保健センター

    地域保健センター整備
    地域の子ども達と保健センター職員

  • 平成24年度

    フィリピン パラノグ小学校の修繕支援とオルモカナイ小学校の教室新築

    (パラノグ小学校)
    レイテ州タクロバン市のパラノグ小学校では、各教室の窓に金網がつけられていましたが、外部者により破られ、盗難などの問題が発生していました。今回の支援事業で、13教室の扉と窓に頑丈な鉄格子を設置しました。

    フィリピンパラノグ小学校
    扉と窓に鉄格子を設置した教室

    フィリピンパラノグ小学校
    パラノグ小学校の子ども達

    (オルモカナイ小学校)
    サマール州サンタリオ市オルモカナイ小学校の4~6年生が使う教室は大変古く、多くの箇所で木の板が欠けたり、腐ったりしていました。雨漏りで生徒達や備品も雨で濡れて、勉強ができる環境ではありませんでした。今回の支援事業で教室を新築し、生徒達が勉強に集中できる快適な環境を整備しました。

    オルモカナイ小学校
    壁や床がコンクリート製になり、窓と天井も新しいものに取り替えられました

    オルモカナイ小学校 事業に携わった一人一人から、多くの喜びの声が寄せられました

  • 平成23年度

    バングラデシュ シャハブディプール小学校への支援

    245人の生徒が学ぶシャハブディプール小学校の校舎は、竹で編んだ壁とトタン屋根という大変劣悪な状態でした。また、生徒数に比べ充分な教室が確保できていないことから教室に座れない生徒もおり、出席率は下がる一方に。さらに、雨季には土の床は泥だらけになり、ドアや窓もないため夏は蒸し暑く、冬は寒さが厳しい状態でした。

    支援前の授業風景
    支援前の授業風景

    支援により、座席に座れない生徒はいなくなり、出席率が向上しました 支援により、座席に座れない生徒はいなくなり、出席率が向上しました

  • 平成22年度

    エルサルバドルの就学前教育環境改善への支援

    エルサルバドル・ウスルタン県は、内戦や自然災害の爪痕が特に深く残り、住民の約半数が1日1ドル以下での厳しい生活を送っています。そのため、子どもの育成のために果たすべき役割を果たせないまま海外へ出稼ぎに移住する親も多く、残された子どもは親と離れて暮らすことにより、情操面の発育に大きな影響を及ぼしていました。
    また、これまでは身の回りにある家具、食器、家電製品といった、幼い子どもが触るには危険なものも全て遊具になっていましたが、プレコフーズが什器・備品、遊具を供与したことで安全に遊ぶことができるようになり、子どもの身体的、精神的、社会的な面の成長に大きく役立ちました。

    新しい机、椅子、遊具で子ども達が安全に遊ぶことができるようになりました
    新しい机、椅子、遊具で子ども達が安全に遊ぶことができるようになりました

  • 平成21年度

    カンボジアの保険事業への支援

    カンボジア王国コンポンチュナン州サマキ・ミエンチャイ郡では、保健センターの産科病棟が未整備で、さらに助産師に適切な知識と能力が備わっていないため、5歳未満児死亡率が1000人あたり101人と高水準にあります。 そこでプレコフーズでは、産科病棟や給水施設建設、助産師への教育に対し支援しました。

    完成した給水施設を視察する、村の代表者と保健センター長 完成した給水施設を視察する、村の代表者と保健センター長

    新しくできた保健センターで予防接種を受ける赤ちゃんとそのお母さん 新しくできた保健センターで予防接種を受ける赤ちゃんとそのお母さん

    新しくできた保健センターで助産婦さんから説明を受けるお母さん 新しくできた保健センターで助産婦さんから説明を受けるお母さん

  • 平成20年度

    ウガンダのエイズに苦しむ子ども達への支援

    ウガンダ共和国・キバレ県では、貧困に苦しむエイズ遺児や、エイズで弱い立場にある家庭と子ども達の生活を安定させるために、畜産業が推進されています。その支援に畜産技術トレーニングや子豚の購入資金を援助しました。

    支援前の授業風景
    支援前の授業風景

  • 平成19年度

    ウガンダの小学校への援助

    ウガンダ・カサウォ副郡は、広大な平原のため、水源となる小川・河川・泉や、安全な水を給水する施設が一切ありません。わずかながらある井戸も、ゴミが浮いていたり塩辛いといった水質汚染が引き起こされており、しかも人口70万人に対して1つしかないため、水を汲むだけでも混雑がひどい状況で、住民は大変困っていました。そこでプレコフーズでは、きれいで安全な水を使えるように、雨水を溜めることのできる容量8,000Lの水タンクを4台贈りました。このタンクを小学校に設置することで、いままでは水汲みの手伝いで授業に参加できなかった子ども達も勉強に集中できるようになり、ナマリリ小学校の女の子は、「今後どこまで成績が上げられるか楽しみ」ととても喜んでいます。

    水タンクが設置され喜ぶナスカワ小学校の子ども達
    水タンクが設置され喜ぶ
    ナスカワ小学校の子ども達

  • 平成18年度

    スーダン内戦難民への援助

    1983年に勃発した第二次スーダン内戦で、国内外に逃れていた何百万もの人々が、2005年1月に締結された平和合意により、続々と故郷である南部スーダンへ帰り始めています。しかし、彼らを待ち受けていたのは、道路・医療施設・学校など、数少ない社会基盤が破壊し尽くされた惨状でした。特に、衛生環境の悪化は著しく、コレラや下痢などで亡くなる子ども達が後を絶ちませんでした。そこでプレコフーズでは、このような状況を改善するため、浄水装置の設置や、クリニック建設への支援金を送りました。

    ナイル川の不衛生な水を生活用水として使用していました
    ナイル川の不衛生な水を
    生活用水として使用していました

    支援により完成した
                          浄水装置で手を洗う子ども達
    支援により完成した
    浄水装置で手を洗う子ども達

    内戦により破壊された村
    内戦により破壊された村

    支援により建設されたクリニック
    支援により建設されたクリニック

  • 平成17年度

    ラオス カマオプメオ小学校への援助

    ラオス南部に位置するカマオプオメオ村にあるカマオプオメオ小学校は、人口約5,000人を抱える周辺地域で唯一の小学校です。近年子どもの数の増加により校舎が手狭になってきたことから、17年度より新校舎の建設と給水施設整備が始まりました。プレコフーズからの支援金は、新校舎の建設、黒板や机といった校舎備品の購入、貯水タンクの設置費用等に充てられました。

    カマオプメオ小学校への援助

  • 平成16年度

    マサイの村の保健センター建設への援助

    人口7,500人を抱えるケニア・エントントル地区には、古ぼけた小さな保健センターが1つしかなく、充分な医療サービスを受けられる状況ではありませんでした。そこで、子ども達をはじめとする地域住民の健康改善を図るため、保健センターの修築に協力しました。

    マサイの村の保健センター建設への援助

  • 平成15年度

    タンザニア公立小学校への供与

    現在開発途上国において、学校支援のニーズは非常に大きく、タンザニア連合共和国ンゲレンゲレ小学校でも生徒の数に対する机の数は、絶対的に不足している状況です。そこで、この小学校に通う子ども達のために3人用机100台を送りました。

    タンザニア公立小学校への供与

    タンザニア公立小学校への供与

写真提供:ワールド・ビジョン・ジャパン