ITEM & SERVICE

『安全』『品質』『鮮度』の追求

プレコグループは、“新鮮食材のスペシャリスト”。
食品の『安全』を守り、『品質』を高め、『鮮度』を保つために、
日本最高クラスの衛生管理システムをプレコフーズ全センターに導入。
温度管理・品質管理・菌数管理を徹底し、
『安全』『品質』『鮮度』の高い食品を毎日お届けしています。

ISO9001-HACCP取得

プレコフーズは、2004年9月、業界に先駆け品質管理の国際規格であるISO9001を、2007年4月には、安全な食品を確保するためのシステムであるHACCPの認証を取得いたしました。「ISO9001-HACCPシステム」を通じ、品質管理ならびに食品安全について継続的な改善を行い、お客様から最大の信頼と満足を得ることを目指しています。

ISO9001-HACCPシステムとは、業務の標準化ならびに継続的な改善を通じ、商品とサービスの質を安定かつ向上させ、顧客満足度を高めようとする国際規格ISO9001と、あらかじめ食品の安全性を脅かす危害を予測し、それを防止するための作業ポイントを管理することで、安全な商品をお客様に提供することを目指すHACCPを融合したシステムです。

日本最高クラスの衛生管理システム

作業室・鶏解体室を常時11℃に保つ低温クリーンルーム化と、理想的な低温殺菌洗浄システムを実現。さらに食品と人の一方通行規制や生産区域の分離を行うなど、日本最高クラスの衛生管理システムを導入しています。

11℃の低温クリーンルームを実現

  • 1HACCP対応の空調システム「ソックチリングシステム」

    ソックチリングシステムで落下菌の付着を防止

    ソックチリングシステムとは、作業室内をきわめて低温に保ち、菌を除去する空調システムです。風を感じさせない穏やかな自然対流方式により、結露を防止し、衛生的で、しかも温度ムラのない室内環境を実現します。

  • 2空気中の落下菌を除去・11℃の低温に保つ

    ソックチリングシステムで食中毒菌の繁殖を防止

    プレコフーズでは、すべてのセンターに「ソックチリングシステム」と「高性能フィルタ」を採用。室内の空気を1時間に45回入れ替え、2ミクロンの塵・ゴミを90%以上捕集することで、食品の腐敗の原因となる落下菌(※)の付着を防止しています。またこのシステムは、均一に室内の温度を下げることに適しているのも特徴のひとつ。室内の温度をムラなく11℃に保つ徹底した温度管理を行うことが可能となり、食中毒発生の危険を未然に防ぎます。
    ※落下菌とは、空気中の塵やゴミに付着して降り注ぐ雑菌のこと。この雑菌が食品の腐敗を高めます。

  • 3陽圧により、雑菌の侵入を防止

    陽圧により、雑菌の侵入を防止

    陽圧とは、室内に空気を送り込み、外部より空気圧を高くすること。常に作業室に強制的にクリーンな空気を送り込み、内側から外側へ空気を押し出している状態を保つことで、室外からの暖かい空気や雑菌の侵入を防ぎ、低温かつクリーンな作業環境を実現します。

理想的な低温殺菌洗浄システムの実現

  • 1安心・安全な洗浄水「微酸性電解水」

    安心・安全な洗浄水「微酸性電解水」

    優れた殺菌・除菌効果のある「微酸性電解水」は、厚生労働省より食品添加物として認可を受けている、食品・人・地球に優しい機能水です。
    味や匂いがほとんどなく安全性にも優れているため、水道水感覚で安心して使用できることも特徴です。
    プレコフーズでは、食肉だけでなく器具・作業室・配送車・個人衛生に至るまで、微酸性電解水によるこまめな洗浄と殺菌を行い、極めて高い衛生レベルを維持管理しています。

  • 2器具洗浄室

    器具洗浄室

    カゴ・包丁・器具・部品は、器具洗浄機で洗浄。食中毒の原因菌に即効性のある微酸性電解水により、衛生的に殺菌洗浄します。

  • 3高圧洗浄機

    高圧洗浄機

    床面の汚れは、微酸性電解水を高圧ポンプで加圧し、水の衝撃圧力によって分解。床面を殺菌処理し、常に衛生的な状態を保ちます。

  • 4シャワー洗浄室

    シャワー洗浄室

    作業終了時には、微酸性電解水シャワーで前掛け・アームカバー・長靴・手を丹念に洗い、殺菌洗浄します。

徹底的な品質管理・衛生管理の実現

  • 1一方通行規制

    菌の拡散を防ぐためには、汚染度の低いものと高いものが接触しないことが重要です。そのため、全てのセンターでは、入荷から加工・出荷に至るまで食肉の加工ルートを一方通行化し、洗浄前と加工済みの商品の接触を防いでいます。
    さらに、人の流れも一方通行化。低温クリーンルームへの外気や雑菌の侵入をも防ぎます。

  • 2生産区域の分離

    生産区分の分離

    プレコフーズでは鶏の解体処理を自社で行っていますが、鶏肉は生来カンピロバクターやサルモネラといった食中毒の原因菌の保有率が高いので、豚肉・牛肉と加工処理を行う区域を分離しています。さらに、鶏の搬入から洗浄・加工・保管までの全行程は、行程順ごとに区分され、徹底的に食中毒が発生する可能性を低減しています。

  • 3エアーシャワー

    加工などを行う作業者は、作業室に入る前に必ずエアーシャワー(風速40m/秒・風量60㎥/分の強い風)を全身に浴び、身体に付着している塵や毛髪、雑菌を落としてから入室します。

  • 4ハム・ベーコン加工室

    ハム・ベーコン加工室

    加熱処理なしに提供される場合のあるハムやベーコンは、交差汚染を防止するため、食肉とは区別した加工室を設置しています。

  • 5バンドソー室

    バンドソー室

    ガラ加工を行うバンドソーは、骨を削る際に破片が飛散する恐れがあることから、商品への異物混入リスク対策として、専用の加工室を設置しています。

  • 6搬出室

    搬出室

    搬出室は室温を10℃に管理し、食品の鮮度管理を徹底。搬出口にはドックシェルターを設け、配送車への積載時に外気や雑菌が侵入することを防ぎます。

SERVICE

プレコグループが選ばれる理由

今日必要な食材を当日配送

CONVENIENCE

今日必要な食材を当日配送

早朝までのご注文で当日配送可能。
1,000円からご注文を受け付けています。

きめ細やかな対応

HOSPITALITY

きめ細やかな対応

串打ち加工やオーダーカット、オリジナルメニュー開発など、お客様それぞれのご要望にお応えします。