PRECO GROUP

OUR VISION

ビジョン

食の楽しみと笑顔の創造企業

プレコフーズが目指すのは、食品・サービスを通じて食の喜びをお届けすること。
そのための基本となる理念が、『安全』『品質』『鮮度』の追求です。

まずはプレコの原点である肉、そして魚、野菜まで。徹底した衛生管理、品質管理のもと、食の中心となる生鮮三品すべてにおいて、新鮮かつ安全性に優れた食材をお届けしています。

また飲食店の印象を左右するクレンリネス分野においては、飲食店を知り尽くしたプレコならでのサービスを展開。今後は、グロサリー部門や飲食店ビジネスサポート事業など、分野を超えた発展も視野に入れています。

目指すは木が枝葉を伸ばしていくような、倍速以上での成長。

これまでの食品卸の概念を超え、食の楽しみと笑顔を創造する企業として、豊かな食文化に貢献してまいります。

PHILOSOPHY

私達は、食品の『安全』『品質』『鮮度』を追求し、
食の楽しみと笑顔を創造します

BRAND HISTORY

プレコグループのこれまでの歩み

鶏・豚・牛などの食肉をはじめ、鮮魚や野菜・果物も取り扱い、
「新鮮食材卸」として食に携わるすべてのお客様に笑顔をお届けしているプレコフーズ。
その始まりは、町の小さな鶏肉店でした。

1955昭和30年

東京都品川区大井に鳥利商店を創業(プレコフーズの前身)

同じ大井町の商店街で移転
卸事業も営む

1962昭和37年

1966昭和41年

東京都品川区戸越銀座商店街に移転
商店街での小売りと合わせて、飲食店への卸事業を拡大

episode1

原点

戸越銀座商店街の小さな店。10人にも満たない社員で営んでいました。
“商売は商い=「飽きない」”
お客様一人一人、一軒一軒を大切にし、飽きずにコツコツ商売を続ける。これがプレコフーズの原点です。

1977昭和52年

有限会社鳥利商店を設立

株式会社プレコフーズへ
組織変更
代表取締役社長に髙波幸夫
就任(現職)

1994平成6年

episode2

強み

毎日お客様と直接顔を合わせるドライバーに注目。ドライバーを店舗ごとのニーズを汲み取る「ルートセールスマン」と考え起用し、彼らの活躍が本格化したのもこの頃から。小口のどんなオーダーにも応えられる、お客様目線の体制を構築しました。

東京都品川区戸越に
第二工場建設

2000平成12年

2002平成14年

東京都大田区北千束に移転
本社センター(現東京中央センター) 開設

episode3

誇り

日本最高クラスの衛生設備を備えた食肉の加工・配送センターを設立。日本一安全で、日本一鮮度の高い食品を提供することが、プレコフーズの誇りであり、日本の食を支えることだと考えています。
  • 2002

    東京都大田区北千束に本社センター
    (現東京中央センター)開設

  • 2004

    東京都江東区亀戸に東東京センター開設

  • 2007

    東京都世田谷区北烏山に西東京センター開設

  • 2009

    東京都大田区千鳥に南東京センター開設

  • 2012

    東京都品川区「大森ベルポート」に本社を移転
    本社センターを東京中央センターに名称変更
    東京都板橋区東山町に北東京センターを開設

  • 2017

    東京ベイセンター開設(都内6センター体制)

飲食店の衛生サービスに参入
サニタリー事業部発足

2004平成16年

  • 2014

    事業拡大に伴い、株式会社プレコサニオ設立

2011平成23年

野菜事業へ参入
東京都・大田市場内にベジタブル事業部発足

  • 2016

    大田市場仲卸「結文青果株式会社」を傘下とし、
    株式会社プレコヴィユニット設立

  • 2017

    東京都大田区にV第1センター(仮)を開設予定

魚事業へ参入
東京都・築地市場仲卸「嘉徳」を傘下とし、鮮魚・水産品を取り扱う株式会社プレコエフユニット設立

2014平成26年

  • 2017

    東京都江東区豊洲市場内にF第1センター(仮)を開設予定

  • 2018

    豊洲至近にF第2センター(仮)を開設予定

2014平成26年

飲食店ビジネスサポート事業確立を目的とした、株式会社プレコダイニングラボ設立

食肉・冷凍加工品他を取り扱う事業部門を分割し、株式会社プレコエムユニットとして独立法人化。

2017平成29年

2017平成29年

株式会社プレコフーズは、プレコグループの事業統括会社となる。

episode4

将来

年商は着実に増え続け、組織変更から21年で150億円超に。肉・魚・野菜の生鮮三品を、鮮度よく届けられる唯一の企業として業界を牽引しています。
プレコグループは、お客様の笑顔を創造する企業集団としてこれからも成長を続け事業を拡大、新たな歴史を刻んでまいります。

TOP MESSAGE

国内最高レベルの衛生管理のもと、
食品の安全性の向上と品質管理の徹底を図り、
明日の豊かな食文化に貢献します。

私達は、経済の発展に伴い、豊かな食生活を手に入れました。しかし一方で、O157を初めとする食中毒事件、鳥インフルエンザ、口蹄疫、偽装表示問題など、「食品の安全性」に対する社会的要請は日々増大しています。

プレコグループの旗艦企業である(株)プレコフーズは、国内最高クラスの衛生管理システムを備えた総合食品卸として、作業室・鶏解体室の低温度化とクリーンルーム化を初めとする、食品の『安全』『品質』『鮮度』の向上を早くから追求してまいりました。“新鮮食材のスペシャリスト”をスローガンに、商品の入荷から加工、出荷、配送に至るまで、徹底した温度管理・品質管理を行い、食に携わるすべてのお客様に、より高品質で安全な商品をお届けすることが、プレコフーズの第一の使命であると考えます。

その上で、品質管理の国際規格であるISO9001を、2004年9月、食肉業界のトップランナーとして他社に先駆け取得。また2007年4月には、安全な食品を確保するためのシステムであるHACCPの認証を取得致しました。

弊社の首都圏の5センターは、すべて国内最高レベルの衛生システムを有しておりますが、最終的に商品の品質を作るのは「人」であり、さらなる品質の向上には、お客様のニーズに徹底的に応えようとする全社員の統一した意識が必要であるとの理念に基づき、社員全員が品質に対し明確な共通意識を持つ手段としてISOを、より安全な食品を提供するための仕組み作りとしてHACCPを導入致しました。この「ISO9001-HACCPシステム」を通じ、品質管理ならびに食品安全について継続的に改善し、お客様から最大の信頼と満足を得ることを目指し、今日では首都圏約20,000軒のお客様に毎日新鮮な食材をお届けしています。

こうして培った食品の品質と安全性を向上させるノウハウと、お客様のニーズにきめ細やかにお応えする流通システムを基盤として、今日では事業分野を拡大。食肉・冷食加工品部門は(株)プレコエムユニット、鮮魚・水産品部門は築地市場仲卸である(株)プレコエフユニット、野菜・果物部門は大田市場仲卸である(株)プレコヴィユニット、そして飲食店のクレンリネスに特化した衛生サービスを提供する(株)プレコサニオ、飲食店のビジネスサポート事業確立へ向けた研究部門である(株)プレコダイニングラボ、そしてグループを統括する本社機能を有する(株)プレコフーズと、6社によるプレコグループを形成。生鮮三品をご注文当日に鮮度良くお届け出来る唯一の新鮮食材卸として、売上は170億円に至りました。

食は、単に生きる糧にとどまらず、生きる喜びにつながり、人生の大きな楽しみとなります。美味なるものとの出会い、心ときめく味覚は、家族や友人との会話、時、空間を豊かなものとします。私達は、食の安全性を守るとともに、さらに喜びに満ちた幸せなテーブルと笑顔あふれる未来を築きます。

プレコグループは、これからも“食の楽しみと笑顔の創造企業”として、歩みを止めることなく事業を拡大、明日の豊かな食文化に貢献してまいります。

髙波 幸夫

プレコグループ
代表 髙波 幸夫 / Yukio Takanami